Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

アロマテラピーの協会団体

アロマテラピーの協会や団体には、数種類があります。

ひとくちにアロマの資格といっても、国家資格とは違い、それぞれの団体が発行する、バラバラな資格です。

もちろん、資格がないからと言って、アロマテラピーができない、とか、アロマテラピー教室ができない、とかマッサージしてはいけない、ということはありません。

 

www.stationmasters.com

大きく分けるとアロマテラピーには、イギリス式とフランス式があり、

呼び方も

アロマ+セラピー(英語から)

アロマ+テラピー(フランス語から)

きています。

私は、AEAJとNARDという、イギリス式とフランス式の両方の団体に一応、所属でして、私から見えることは、まず、大きな特徴として、フランス式は、メディカルアロマなんて言いますが、看護師さんや、お医者さんや医療関係のかたも多くやっています。

イギリス式は、一般に多くの人が沢山とりいれています。

使い方が、全く違います。

長くなりそうなので使い方の違いは、明日にでも続きにするとして、今日は全体像だけ。

 

リンク貼りましたが、主な団体は

AEAJ日本アロマ環境協会

JAAアロマコーディネート協会

IFA

IFPA

NARDジャパン

などです。

この中で、フランス式といわれるものは、NARDジャパンです。

IFAとIFPAは、国際資格で、日本以外でも資格として通用します。

資格がなくても、アロマテラピーができないことはありませんが、アロマテラピーに使う精油成分は、血管にはいり、また、脳へダイレクトに刺激を与えることができますので、資格どうこうでなく、安心安全な使い方を知っておいた方がいいのと、また、体や心への効果について学ぶのはたのしいものです。

また、人の体へ触る、マッサージなどについては、相手の方の体調など考慮しなければならない点があり、生業とするには、責任という言葉がついてまわりますので、資格のため、体系的に学べるのはよいかな、と思います。

主要団体をあげましたが、その他にも、小さな団体含めいくつかあります?。

中には、ネットワークビジネスになっているものや、宗教的な雰囲気のものもあるらしいのでお気をつけください。