Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

あなた色に染まりません 2

こんにちは。5人の子供を子育て中のミナコです。

昨日より続きます。

mim

osawolf69.hatenablog.com

 日本の子育て社会に感じるのは

出来ないことや苦手なことをなんとかしよう、という空気です。

5教科のうち算数苦手なら算数をなんとかしようとしたり、

生活面でも、友達と関わることが苦手、とか、整理整頓が苦手とか、色々あると思うんですが

日本社会って、まず、苦手に注目してません? 

 

以前、海外といっても色々な国があり、一概にいえないとぉもうのですが、海外で育った方のblogに、

子供のころから、絵を描けば、画家になれる!といわれ、

歌を歌えば、シンガーなれる!

黙っていれば、賢い子供だ!

みたいな、ちょっと細かい表現は忘れてしまったんで、内容が少し違うかもしれませんが、できることを褒めてくれる文化で、日本に来たら学校の友達が、出来ている事さえ、私はまだまだ至らない、みたいな文化でショックを受けた、と書いてあるのを見かけました。

その方の育った環境では、できる事の方に注目がいっているわけなんですが、日本社会全体として、わはり、出来ないことに注目して出来ないことをなんとかしようとしちゃう傾向にありません?

 

大人だってそうですが苦手があってもイイじゃん、と思うんですよ。

好きなこといっぱいできればそれでイイじゃん、と思うんですよね。

やはり、大人だって毎日毎日苦手ばかりに向き合う生活は、私ってダメだな、って気持ちを毎日感じるわけで、逆に楽しいこと得意なこと好きなことやっていれは、苦手もあるけど得意もあるから大丈夫、私ってイケてるじゃん、みたいな。

 

誰かの基準や、社会に合わせて自分を変えることはないし(もともと社会はそんなバラバラがあつまってできているわけだし)、自分は自分の好きなこと一生懸命やることが人生なんじゃないですかね。