Rock'n Rose High School☆

アロマテラピー 5人子育て 放送大学にて心理学勉強中!

褒めて育てる?

 

 褒める子育て、って良いことのように聞くことあるんですけど、う~ん。疑問です。

 

じゃあ、叱って育てる子育てを推奨または、実践してるわけ?っていわれても違うんですよね。

 

わたし、どっちも根本的に違うと思うんですよ。

根本的に子供って、親が育てるものでなく、自分でも勝手に育つものだと思うんですよ。

しばらく前に、四人のお子さんがいる

哀川翔さんが、「子供って勝手に育つものだから、親がすることって、食事を用意することと、寝る場所(家)を用意することくらいなんじゃないかな?」って話したのをみて、まさにこの一言につきる!と。

叱って育てる→親の思うように育てたい

褒めて育てる→親の思うように育てたい

で、結局のところ、選んだ人生は誰のものなのか?となっちゃうと思うんですよね。

 

叱ってはいけない、とか、褒めてはいけない、という話でなく、本当に思うところあれば、叱ることも褒めることもあると思うんですが、叱られるのが怖いから親のいう事を聞く子供、褒められるのがうれしいから褒められる事をする子供、ってその時点で、その子供本人じゃないんじゃない?と、思うわけですよ。

なんていうか、親の目的のために、叱る、や、褒める、を使うのはどうかと思います。

以前に、児童精神科医佐々木正美先生が、子供は盆栽のように、ハリがねを使ったり、ねじまげたりして育てるものではない、と、わかりやすい表現でお話しされていたんですけど、子供って本来ならば自由にノビノビ育っていく力を持っていると思うんですよね。

https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%81%96%E3%81%97-%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E9%A4%A8%E3%81%AE%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8-%E6%AD%A3%E7%BE%8E/dp/4834014738/ref=asap_bc?ie=UTF8

 

しかし、こんな風に考えられるまでが時間かかった~。笑